NFT

「農業×NFT=Metagri」で儲かる農業を創る~農作物の生産から創造へ~

なぜ「農業×NFT」で儲かる農業を創造できるのか?

農業に「NFT」の発想を持ち込めば自然と差別化でき「新たな農業」を実現できる。
なぜなら「NFT」を農業に持ち込むと、自然と「既存の枠にとらわれない〝創造的な〟アイデアが生まれる」からだ。
今回、造語として「農業×NFT」の発想で実現する「新たな農業のカタチ」を総称して「Metagri(メタグリ)」と呼びたい。

「豊作貧乏」「米価下落」「3K(きつい・汚い・かっこ悪い)」
農業にはネガティブなイメージがありふれている。
「農業は儲からない」
一般的には〝その通り〟である。
なぜなら、人間にとって欠かない食糧を生産するため、価格は低く抑えられている。
そんな農業界に参入したいという方は非常に稀有な存在である。
儲からない農業のイメージを払拭する一つのキーワードは「NFT※」と考える。
※Non-Fungible Tokenの略
今回は、なぜ「NFT」が「儲かる農業」のきっかけになるかを綴る。
「そもそも NFT って何!?」という方は右記の本をオススメする。

農業が儲からない理由

農作業を何度か経験したことはあるが正直、過酷で辛い。
肉体労働が多く、繁忙期はIT企業の大変さを上回ると言っても過言ではない。
あるレタス農家のもとには、日本人の作業者は集まらないため、東南アジアから研修生の名目で来ているのが現状。

「なぜ儲からないのか?」

それは、農作物の価格を抑えることが「国の方針」だからだ。
国民が飢えないように、〝誰でも買える〟値段設定にすることが必要不可欠である。
大多数の農家は、一般的な作物を大量に作ることが求められている。

「作って市場に持って行けば全て売れる」

それが農業の根本にある。
もちろん、市場に出回る作物の量によって、単価は上下する。
時期によっては、豊作にもかかわらず 二束三文の収入にしかならないこともある。
なぜなら、農家みんなが豊作だと資本主義の中では単価が下がるからだ。
それが「豊作貧乏」と言われる農業が抱える大きな課題である。

そんな業界で「売る努力」をしている方は非常に少ない……。
たまにテレビでブランド化に成功して「稼ぐ農家」も紹介されるが、ごくわずか。
それは、あくまで「ニッチな市場」で儲けているからであり、みんなが同じ儲け方はできない。
どうしても、みなが同じニッチな市場に参入すると「資本主義の原理」で全体的な単価は下落してしまう。

では、どうやって「儲かる農業」を実現するのか?

まず、「儲かる農業」を実現するヒントは、〝食べる〟以外の「付加価値」で顧客を喜ばすことが必要。

農業をサービス業にする発想である。

「売り方を工夫する」ことは、顧客を喜ばせる一つの手段でしかない。
そのサービス業にする一つのきっかけが「NFT」であると考える。
現状、「NFT」は〝何物〟か誰にも分からない。
そんな中、「NFT」をどのように農業へ持ち込むかを考えることが最初の一歩である。
なぜなら「NFT」を農業に持ち込むと、自然と「既存の枠にとらわれない〝創造的な〟アイデアが生まれる」からだ。

NFTで「特別購入権」を発行する

アイデアの一つを紹介する。
それは、「〝レアな市場に出回らない〟農作物の購入権をNFTで発行する」ものだ。
購入権を持つ人だけが、特定のコミュニティに入れたり、特設サイトにアクセス出来たりするものだ。
この権利を売買することはもちろん可能である。
しかし、活動に共感する〝コアファン〟に可能な限り長期で保有してもらうことが理想である。
そのため、NFTにより保有期間を見える化し、長期の方を優遇する仕組みも取り入れる。
株主優待にあるように、数年間 保持している方へ特別なサービスを提供するイメージである。

Kindle出版で「農業×NFT」の第一人者になる!

今回、このような「新たな農業のカタチ」である「Metagri(メタグリ)」を軸にKindle出版を予定している。
実は今のところ、農業にNFTを持ち込んだ書籍は実在しない。
そこで、農情人(のうじょうじん)として、Kindle出版を通して第一人者になることを目指す。

それまでに一つ以上、「NFT×農業」の事例も創造する予定である。
ふんだんに新たな発想を持ち込む予定であるため、発売をお待ちいただけるとありがたい。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

*

CAPTCHA