農業メタバース革命~未来の農地はここに生まれる~

概要

本書は、リアルな農業とメタバースの融合によって生まれる新たな農業の形と、それがもたらす可能性に焦点を当てています。
デジタルとリアルが融合し、農業の新時代が開幕するこの書籍は、革新的なアイディアと実践的な応用例を通じて、読者に農業の未来ビジョンを示します。
メタバースとAI、デジタルツイン技術がいかにして農業の生産性を高め、教育や研究に貢献するのかを、豊富な事例と共に探求します。この書籍は、農業従事者、テクノロジー愛好家、イノベーター、そして持続可能な農業を目指すすべての人にとって、価値ある一冊です。

主な章と内容

第1章: “デジタル時代の農業~リアル市場の限界を超えて~”

第1章では、現代農業が抱える市場の限界とデジタル技術の可能性を探ります。
産直ECサービスの浸透により新たな市場が開拓され、中間流通を介さない流通形態が生まれたのは事実す。SNSやホームページ、メールマガジンを活用した農家の情報発信も進んでいます。一方で、農家全員が上手く活用できていないのが現状です。そんな現代農業が抱える課題を紐解いていく。
これから就農を考えている方はもちろん、農業ビジネスに興味のある方にこそ知って欲しい農業の課題を紹介します。

第2章: “メタバースの誤解~成功の鍵と失敗の教訓~”

次の表はバーチャル美少女ねむ氏が提唱するメタバースの定義です。


メタバースの定義を説明した後に、複数あるプラットフォームの選定基準を掘り下げます。さらには、理想的なメタバース活用として持つべき7つの要件と、様々なメタバース活用事例を考察していきます。メタバースの成功はただの空間構築にとどまらず、戦略的なポジショニングや専門人材の確保など、総合的な取り組みが必要です。

第3章: “農業に革命をもたらすメタバースの力~新しい創造性の波~”

メタバースがいかにして農業に創造性とイノベーションをもたらすかを論じます。第2章で述べたメタバース技術は農業界においても色んな形で応用されています。しかし、成功と言える事例が見当たらないのが現状です。
次の表が過去の農業メタバース事業の事例と失敗の要因です。


そこで、そんなメタバース活用の失敗要因を分析し、どう活用すべきか提案していきます。農業の中に「メタバース」の仕組みを取り入れたい農家はもちろん、新たな持続可能な農業のカタチを模索したい方にこそ読んでいただきたいです。

第4章: “AIが紡ぐ緑の未来~メタバース農業の新たなモデル~”

最後の第4章では、生成AI技術やデジタルツイン技術がメタバースとどのように共鳴し合い、未来の農業をどう変革するかを展望しています。農家はメタバース内で農産物をAIアバターを通して消費者に直接アピールできる可能性を秘めています。また、農業管理を遠隔地からでも効率的に行えるようになるはずです。農地の利用計画から作物の成長過程のシミュレーション、さらには教育とトレーニングまで、メタバースが農業に変革をもたらす潜在能力を探っていきます。

購入

カテゴリー: